初めての…

高橋優くん ROADMOVIE 福岡公演 

行ってきました!!!!!

 

初めてのサンパレス福岡、そしてなんと言っても初めての優くん!!

1人だし、そもそもジャニーズ以外のライブにめったに行かないので、色々不安なこともありましたが、いざ始まってみたら全然気にならなくて、ほんとに楽しかった!バリ楽しかった!!

 

 

 

~以下ネタバレ含む超雑記です~

 

優くんを知ったきっかけは、中学生時代のSOL。

ゲストで来ていたのか、ただ曲がかかったかは定かではないけど、その時に聴いた福笑いが好きで、よく聴くようになり、カラオケで歌ったりしていて。でもその一方でジャニーズへの興味が強くなって、ライブに行くにせよなんにせよ、ジャニの方に天秤が傾くようになってました。お金もない高校生だったのでタイミングを逃し結局行けず、大学になってそこそこお金も時間も余裕が出来ていたはずだけどジャニ沼が増えていたり就活がかぶっていたりとなかなか!!応募すらできていなかった!!けど!!今回やっと!一般ではありますが応募でき、当選し、参戦することが出来ました~☺

 

最近の曲をあんまり聴いてなかったので、みっちりセトリ見ていきました。ただウォークマンにない曲はあんまり聴けなかったのが心残り。

 

ここ最近の曲の中で一番聴く象。

関ジャニ∞バージョンを生で聴いたことはないのだが、その弟の弟分的な関西ジャニーズjrの公演でやっていたのを見たことがあって。そこでの象もしっかりバンドでやるしかっこいいのだけど、そのかっこよさとはまた違う、男くささ強めの象を見れたのがとても嬉しかった。サビのノリ方は共通してたので少し回顧させてもらった(笑)いつか関ジャニ∞の象も生で聴いてみたいと思う。なお、Jrがやる象は少年倶楽部という番組でいつか放送されるので、興味を持たれた方は周りの関西系ジャニオタに尋ねてみてほしい。という宣伝をちょろっと。

 

予習した中で一番好きだったBE RIGHT。

2番の歌詞が最高に刺さって。

一つに縛られる気の毒なひとときをどんくらい過ごしてんだろう…

ずっと大事にしてたものは何だったかい?

SNSに縛られること多々で最近欝々としてたのでグッサリ来ました。危うく泣きかけた、まだ中盤にも差し掛かってなかった気がする(笑)

 

 あとBLUE。ギター一本であんなに力強い歌が聴けるなんて思ってもみませんでした。ぐわっときた。

 MCめっちゃ面白かった!方言の話するって言ったからすいとーよとかそんなところから入るのかな?って思ったら、まさか起源話し出すなんて(笑)ぽいっちゃぽいけど!!w

またそれを引きずっての泣く子は…はもう!必死!言えないことないけど器用すぎる優くん。。。 

 

ファンの人が名前叫ぶのがまずそこそこの新鮮さだし、まして曲中にマイク向けられるとかぴっちぴちの釣り上げた魚レベルで新鮮だった。あとたくさん一緒に歌えて楽しい!ほとんどが歌詞バックに出ないけど、わかる曲だったり、ラララだったり充分参加できる(*'▽')

 

ジャニーズのコンサートでは基本的に右手にペンラ、左手にうちわ、首から双眼鏡なので手がふさがってる。だから、今回来るにあたっての一番の心配事?というか差がそこでした、超手持つ無沙汰且つ落ち着かないのでは…と。まあ始まってみればあら不思議、手拍子やらで終始動かしてて、あまり違和感を感じない結果となりました!!笑 いつものノリ方とどうしても違うところ(パン、パ、パン、フ~系)がしたくてたまらなかったけど、ここは耐えてみた(ノリ方は人それぞれでいいとは思う)。 

 

 

最後の曲がリーマンズロックってのがさいっこうにアツい…最後に持ってくるか!!!って思わずうなりました。

ライブって非日常で。曲の最後の最後までそれで、最後の言葉でちょっと我に返らされて、そして終演後外に出て日常に戻るもの、って思ってた。この考え方、ジャニーズ公演多めだからなのが強いのかもしれないけど。

 まさか最後に日常にぐわっと引き戻されるか!!となりました。

でも不思議と全然嫌な気しなくて。そもそもがパきっとした非日常ではないからなのかなぁとか思ったり。ジャニーズの公演の終演後って、幸せだったなぁと思うことがほとんどだけど、ときたま、これでもかってないくらいに活力を持ってかれて、明日から頑張ろう!って思えないときがある。だけど今日はすんなり、これから頑張ろう、って思えました。

これくらいがどうしたと大きく、胸を張って生きていこうって。

 

 

 

総括してやっぱりいいなって思ったのは、アレンジがかかってたり、生だ!!!!!!今!!!!この瞬間!!!!!って終始思えたこと!!!

是非また参戦させていただきたいと思いました。

 

 

ほんとに楽しかった。8年越し!!

最高でした!!ありがとう、優くん!